ウーマン

うつ病とは不定愁訴の症状が現れる病気~心のケアで症状緩和~

うつ病への理解

ウーマン

うつ病とは、こころの病気であり、それが脳の働きにまで影響させてしまう複雑な精神疾患です。しかし、具体的なことを知らない人も多いので、本人を傷つけてしまうことも少なくありません。正しい認識と負担を与えない行動を意識し、余裕を持って治療を見守っていくことも大切です。

Read More...

多い中高年のうつ病

うつ病とは何かに付いて学べる情報サイトはこちらです。うつ患者を支えていきたい方は必見情報満載です。

女性

社会的な不安の増大

失恋してしまったときや、仕事がうまくいかないとき、家族や友人が不幸に見舞われてしまったときなど誰でも精神的に落ち込んでしまいます。気分が落ち込んでしまうとやる気がなくなってしまったり、生きているのが嫌になってしまったり、眠れなくなってしまったりと、不快で憂鬱な状態になってしまいます。これを抑うつ状態と呼んでいますが、これは誰にでも経験がある症状です。うつ病とは、抑うつ状態が持続して、病的に起こってくる感情の病気です。精神的に落ち込んでいる状態がすべてうつ病というわけではありません。落ち込むことは精神的なバランスを保つという作用もあり、落ち込むときには落ち込むのが自然な姿で、落ち込むこと自体には全く問題はありません。また、中高年のうつ病は特に珍しいものではありません。むしろ中高年はうつ病の危険ゾーンであるといえます。初発の年齢は40歳から50歳がピークになっています。社会的な不安の増大に伴い、中高年はうつ状態になる機会が増えうつ病がますます増えると考えられています。うつ病とは中高年がかかりやすい魔の病気になっています。現代社会は便利さと自由を追求する反面うつ状態になる条件を増やし続けています。そのために中高年以外の年代にもうつ病が増えていっています。子供にはかつては成人がかかるようなタイプのうつ病は見ることはありませんでしたが、近年成人型のうつ病が報告されるようになってきています。うつ病とは現代社会を反映する鏡となっている病気とも言えます。最近では、うつ病治療を専門に扱う医療機関も多くなってきています。

うつ病がもたらすもの

うつ病がもたらすもので結果的に一番不幸なことは自殺です。自殺者のうちの約半数はうつ病、あるいは潜在的なうつ状態ではないかと考えられています。うつ病とは死をも招いてしまう病気になっています。人間の自殺も人間という種が発している警告の一つです。最近は癒しという言葉がブームになってきていますが、現代社会には救いや癒しを求める、うつ病的な気分が増えてきているということにほかなりません。このようにうつ病的な気分に満ちている現代においては、自殺という最も不幸な事態を避けるため、早期のうつ病の発見が必要になってきます。適切な治療を行うことによりかけがえのない人命を守ることが大切になってきます。抑うつ状態が続くようであれば、すぐに専門医の診断を受けることが命を落とさないためにも大変に重要になってきます。頭痛や腰痛が治らないめまいがするなどの、自律神経が異常になっている症状が続く場合、検査を行ってもこれといった原因がなく体が不調であることを不定愁訴と呼んでいますが、うつ病になるとほとんどすべての人に不定愁訴が現れてきます。中高年の場合は便秘や排尿障害、動悸やめまいなどの症状が現れることが多く食欲の不振のため栄養状態も悪化してきます。栄養状態が悪化してしまうと体力の低下や意識障害につながることもありますので、栄養面での配慮が必要になってきます。身体的な症状だけが現れてくる仮面うつ病や、いろいろな妄想にまで発展していく妄想型のうつ病も中高年には多い症状になっています。うつ病の症状が多様化し続けることにより、素人目でうつ病を判断することが難しくなりつつあります。正しい原因とタイプを特定できなければ、速やかな治療も当然できません。そのため、自分がうつ病だと疑い始めたら、まず医療機関で診察をうけてみることが重要です。専門家である医師にチェックしてもらい、症状にあったうつ病治療を受けることが重要なのです。

うつ病になってしまったら

男性

うつ病とは仕事や環境から感じるストレスによって精神的に負担を抱え発症してしまう精神疾患の1つです。ネガティブな発言が目立つようになり、その状態が何日も続いてしまう病気です。その状態を少しでも緩和させるためにも、栄養のある食事を取ることも大切です。

Read More...

病気の原因と治療の心得

スーツの女の人

うつ病とは精神面や環境面でのストレスに加え、人間関係の問題などを原因として発症する病気です。患者の脳内では神経伝達物質の働きが低下しているため、この状態を改善するための投薬治療が重要です。心理療法を併用することでもうつ病を治すことは可能ですが、治りかけの時期ほど油断せずに治療を続けることが大切です。

Read More...

Copyright© 2015 うつ病とは不定愁訴の症状が現れる病気~心のケアで症状緩和~ All Rights Reserved.