男性女性

うつ病とは不定愁訴の症状が現れる病気~心のケアで症状緩和~

うつ病になってしまったら

男性

食事で緩和

うつ病とは精神疾患の1つで、ショックな出来事や環境のつらさからあらわれるストレスによって症状を引き起こしてしまうものです。主な症状は気落ちする状態が続いたり、自殺願望を持つようになったり、自尊心を低くし自分の存在の必要性を見失うようなネガティブな感情ばかり抱き、そのような状態が何日も続きます。ストレスによって脳のエネルギーが不足してしまい、人によっては頭痛や腹痛などのような身体的な症状が現れることもあります。しかしうつ病にかかった自分はおろか、周囲からも気づかれにくいこともあり病気になっても放置しがちで症状が悪化してから気づく場合が多いのです。もしネガティブな状態が2週間以上続くようであれば、うつ病にかかっているかうつ病になりかかっていることを疑って良いかもしれません。うつ病は食事による予防も可能なので、心配な方は食事に工夫を加えてみるといいでしょう。たとえば最近では、脳に良い効果のあるアマニ油やえごま油が話題となり、一時期はブームになるほど人気を呼んだこともありました。スーパーやコンビニで販売しているほか、健康食品としてドラッグストアでも販売されるようになってきています。アマニ油やえごま油にはオメガ3脂肪酸は含まれ、その成分が脳に良い効果を与えてくれます。そのオメガ3脂肪酸はうつ病に効果があるとされ、症状を緩和させるのに良いといわれています。うつ病をまだ発症していないという方は、ぜひオメガ3脂肪酸を摂り入れるよう日頃から意識しましょう。またすでに発症しているという方も、医師に相談してどういった食事が良いかを伺ってみると良いです。

やってはいけないこと

うつ病にかかって病院で診断されると、まずは休息を必要とします。しかし多くの人は仕事を休むことによって今後の生活に支障をきたすのではないかと不安を抱えることがあります。うつ病とは不安を引き起こしやすく、仕事を休むことで仕事に戻っても自分の居場所はあるのか、家族がいる人は家計を養っている場合は家族を養えるのか、子供がいればちゃんと育てていくことができるのかマイナスなことをちょっとでも考えるだけで不安を抱えてしまいます。うつ病とはそのように不安をさらに抱えることでも症状が悪化するため、不安を取り除くことができるような生活環境を整えることも大事です。特にやってはいけないことは、周囲が不安を与えるような言動をすることです。自分の稼ぎ頭がうつ病になって休息しなければいけないようになると「今後の稼ぎはどうなるのか」「どう生活すれば良いのか」と直接言ってしまう人がいますが、それは決して良くありません。うつ病にかかっている本人もそれはよく分かっています。学生でもうつ病にかかってしまう人は増えており、うつ病になって学業に取り込めなかったり就職活動を行なうことができなくなり、家族などの周囲が「これからどうしていくの」というような追い込む言葉を発することがあります。うつ病とは、ストレスから精神に負担を抱える病気なので、周囲がストレスをさらにためこんで不安を与えてしまうような言動は控えなければなりません。まずは病気を治していくことに集中させ、生活習慣を改善させることが大事です。うつ病との向き合い方がわからないという方は、病院で医師に話を聞いてみると良いでしょう。

Copyright© 2015 うつ病とは不定愁訴の症状が現れる病気~心のケアで症状緩和~ All Rights Reserved.